headband

二重にするマッサージ

HOME >> 二重の遺伝子があるのになぜ一重?

二重の遺伝子があるのになぜ一重?

※「一重まぶたの原因とは?」からの続きです。

二重の方が優勢遺伝
一重の遺伝子と二重の遺伝子を比較しますと、根本的に一重の遺伝子の方が弱いものがありまして、例えば片方の親が二重で、もう一方が一重ということであれば二重になる可能性の方が大きくなります

このように、一重よりも二重の方が優勢なのです。ところが二重の遺伝子を継承しているはずなのに、一重の方もいらっしゃいます。

その人数ということになりますと、けっして少ないものとは言えません。


二重の遺伝子を持っているはずなのに一重という人は、まぶたに脂肪がつき過ぎているとか、あるいはむくみが出てしまっているというようなこともあり得ます。

これらの方たちは、後天的な要素が原因ということになりますね。


脂肪がつきやすいまぶた
睡魔に襲われた時、要するに眠い時などに二重になる方もいらっしゃいますが、このような方は「隠れ二重まぶた」ということが言えると思います。

人間の顔というのは、実はとても太りやすい部分なんですね。その中にあって、特に脂肪がつきやすいと考えられているところがまぶたなのです。


このような脂肪の影響を受けて、まぶたが腫れぼったくなってしまい一重まぶたになっているというケースもあるわけです。

もしも二重まぶたになりたいと考えるのであれば、とりあえずは日常生活を過ごす上での習慣、つまり生活習慣ですか、このことを見直してみる必要があるかもしれませんね。


食生活を改善するとか、生活の中に運動を採り入れるとか、まずはそれからだと思いますよ。

pagetop

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

Copyright(C) 2012 二重にするマッサージ All Rights Reserved. ギムネマとフォセオラミン