headband

二重にするマッサージ

HOME >> 慣れが必要な矯正テープ

慣れが必要な矯正テープ

※「矯正テープで二重まぶたを作る」からの続きです。

やり過ぎはいけません
皆さんもよくご存知のことだと思いますが、「過ぎたるは及ばざるが如し」という名言があります。寝る時まで矯正テープで二重まぶたにするのは、やはりやり過ぎだと思います

もちろん個人差がありますので、問題のない人もいることでしょう。ただ、可能性を考えますと肌に負担がかかりますし、目にまでも悪い影響が出ることもあります。


慣れが必要な矯正テープ
さて、実際に矯正テープで二重まぶたを作る場合ですが、実は慣れが必要なんですね。中には器用な人がいてすぐにできてしまうかもしれませんが、普通の人は慣れるのに時間がかかります。

ただこの慣れ問題はアイプチでも同じことが言えますからね。

矯正テープで二重まぶたを作る際、慣れないと失敗することも多々あると思います。矯正テープを貼る際に、一度失敗してしまいますと粘着力は落ちます。


ということは矯正テープによる二重まぶた作りに慣れるまでは、テープの無駄がたくさん出てしまうことになります。それを乗り越えますと短い時間でもキレイな二重まぶたが作れるようになります。

ところで矯正テープを使って二重まぶたを作っている方たちの中には、いつの間にか何もしなくても二重まぶたになっていたという事例があります


おそらくそれは、元々二重まぶたの資質があったということなのだと思います。それでも何もしなければ、一重まぶたのままだったわけですから、やはりそれなりの行動を起こすと良いことがあるのかもしれませんね。

あなたにも二重まぶたになる資質が眠っているのかもしれませんよ。

pagetop

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

Copyright(C) 2012 二重にするマッサージ All Rights Reserved. ギムネマとフォセオラミン