headband

二重にするマッサージ

HOME >> 眼瞼下垂症の原因

眼瞼下垂症の原因

※「眼瞼下垂症とは?」からの続きです。

【眼瞼下垂症の後天的な原因】
眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の後天的な原因としましては、例えば年を追うごとに上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)の筋力が衰えることで上まぶたを持ち上げる筋力もまた、低下することになり徐々に上まぶたが下がってしまうことによるものなんですね。

早い話が老化現象ということになります。


上記のような加齢以外の要因としましては、成人のケースでは疲れからくることもあります。疲労の蓄積により下垂が引き起こされてしまうんですね。

ただし、このようなケースでは重症筋無力症の疑いもありますのでお気を付け下さい。


また、脳に動脈瘤ができることで引き起こされることもあります。動脈瘤が神経を圧迫して下垂になることがあります。

そして脳梗塞を発症することで下垂を起こすこともあります。ただ、脳の動脈瘤が破裂したり脳梗塞になってしまったら生命の危険もありますのでそれどころではないかもしれません。


留意すべき眼瞼下垂症
眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)の後天的な原因の中でも特に留意すべきものに、コンタクトレンズの長期間装用があります。

コンタクトレンズを装着しますと、当然裸眼よりもまぶたにかかる負担は大きくなりますので眼瞼下垂が引き起こされやすい環境ができてしまいます

日頃からコンタクト中心で日常生活を営んでいる方は、是非疲労が蓄積されないようにご注意いただきたいと思います。


もし眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)を自覚したらすぐに眼科に行って診察してもらってください。

眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)は、先天性や脳動脈瘤の場合は手術になる場合もありますが、自然治癒することもあります。

pagetop

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

Copyright(C) 2012 二重にするマッサージ All Rights Reserved. ギムネマとフォセオラミン