headband

二重にするマッサージ

HOME >> 二重まぶた手術の失敗事例と後遺症

二重まぶた手術の失敗事例と後遺症

※「二重まぶた手術で失敗することってありますか?」からの続きです。

心配事例が散見する埋没法
二重まぶた手術の中でも、特に失敗する事例が多いのは埋没法です。その昔、社会問題にまで発展してしまったケースもあるんですね。

自分の望む形に変えてくれる美容整形手術といえども、けっして万能ではないと知るべきです。

二重まぶた手術の埋没法には、手術に使われる糸をまぶたの裏側の粘膜である結膜に通すやり方と、通すことなく実施するやり方の二通りあります。社会問題にまで発展してしまったのは、結膜に糸を通す方のやり方の手術でした。

結膜に糸を通すわけですから、手術した後は結膜から糸がロ露出しているわけです。この糸によって眼球が傷つけられてしまって視力の低下を招いたり、あるいは瞳が白く濁ってしまったという後遺症が出てしまうというケースが何件も発生してしまったんですね。


納得出来ないことのある二重のライン
このような失敗事例を目の当たりにしてしまいますと、いくら綺麗になりたいという願望があったとしても、やはりためらいが出てくるのは当然のことであります。埋没法以外にも失敗事例はあります。

例えば、二重にはなったものの自分の思い描いていたラインの形状とは違った形になってしまったということは少なからずあります。


二重のラインが望む形にならなかったというケースは埋没法や切開法のどちらでもあるのです。埋没法は多くの場合、糸を抜くことで再手術は可能と言われております。ところが切開法は、手術後に修正することは困難であると言われているのです。

二重まぶた手術の結果というのは、実施する医師の技量に大きく左右されてしまいます。簡単と言われている二重まぶた手術ですが、そこにリスクが存在しないわけではありません。

二重まぶた手術で最も大切なのは医師の選択なのであります。二重まぶた手術は、時間をかけてでも最新の技量を保有している医師探しから始めましょう。

pagetop

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

Copyright(C) 2012 二重にするマッサージ All Rights Reserved. ギムネマとフォセオラミン