headband

二重にするマッサージ

HOME >> 二重まぶた手術の切開法に存在する腫れのダウンタイム期間

二重まぶた手術の切開法に存在する腫れのダウンタイム期間

まぶたが腫れる二重手術の切開法
もし、あなたが二重まぶたの整形手術を受けたとします。そんな時、高いお金を払ってまで整形手術を受けたことを周囲の人間には、絶対に知られたくはありませんよね。

二重まぶたになる整形手術には、埋没法と切開法の二種類ありますが、どちらの方法で手術を受けるにしても、必ずダウンタイムという期間があるんですね。

特に、まぶたにメスを入れることになる切開法は問題があります。二重まぶたになる切開法を受けた場合、最低でもダウンタイムは一週間くらいは必要となります。

要するに、一週間は誰の目から見てもまぶたが腫れていることが分かってしまうということです。


完全に腫れが引くのは月の単位です
二重まぶたになるために整形手術を切開法で受けた場合、完全に腫れが引けて手術の前と同程度まで回復するには週の単位では全くたりません。なんと、月の単位が必要となってしまうんですね。

多くの場合、3ヶ月から6ヶ月くらいは必要であると言われております。ということは、社会人の方であれば、有給をとったとしても追いつくものではありません。

もちろん、手術に対する反応には大きな個人差があったりしますので、早く腫れが引いてしまう方もいらっしゃいます。しかしそれは、少数の方だけと思ったほうが良さそうです。


ダウンタイムを短くするために
ダウンタイムを少しでも短くするためには、それなりに努力する必要があります。具体的に言いますと、下記のようなことを実行すると良いでしょう。

(1)切開法の手術が終わってからは、一週間程度はぬるめのシャワーだけに止めておくべきです。

(2)患部は安静にして、腫れている部位は冷やしてあげるとよいでしょう。

(3)腫れが残っている期間は、飲酒や喫煙は控えてあげましょう。


ただし、腫れの程度というのは、執刀する医師の技量にも左右されますし、手術を受ける方が、アイプチを使いすぎた状態でかぶれが残っている、あるいはデザインが二重の幅が広いものだったりしますと、腫れは酷くなることが多いと言えます。

色々と問題を抱えた二重まぶた手術の切開法ですが、周囲の人間に秘密にしておくことは難しいと考えたほうがよいかもしれませんね。

pagetop

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

マッサージ

二重まぶたグッズ

メイク

整形手術

種類

芸能人

原因

Copyright(C) 2012 二重にするマッサージ All Rights Reserved. ギムネマとフォセオラミン